lifeの毎日料理のご飯日記

料理、毎日お弁当

日本一の生産量を誇る柿の産地

この地域の気候は比較的温暖で、日照時間が長く、昼夜の温度差が大きいので、甘い多色の高品質の柿が収穫されます。
本県令と元年の柿の生産量は43400トンで、全国トップです。そのうちの約8割は渋柿です。
主な品種は渋柿の「中谷早生」「刀根早生」「平核無」です。また、木に袋をかけてアルコールの渋取りを行う特別栽培の「紀の川柿」の果肉が黒くなり、糖度が上がり、とても甘いです。
甘柿は「豊か」を中心とした品種で、令和2年から和歌山県の栽培品種「紀州麻里」が初登場する。
9月上旬から発売されている渋柿の早熟種は、1月上旬までに出回る甘柿の豊かな柿で、長期的に楽しむことができます。
買った柿は、サクサクした食感が好きな人は早く食べてください。柔らかい柿が好きな人は2、3日後に食べてください。
美味しい柿の見分け方
いい果物の皮といい色があります。
また、しわが大きく、果実との間に隙間がないものを選んでください。
柿や柿の加工品は和歌山県政府のホームページをご覧ください。

f:id:kabulink:20201030205150j:plain