lifeの毎日料理のご飯日記

料理、毎日お弁当

ハンブルクとシチュー

今日のごはん。

https://img.cpcdn.com/blog_blog_image_photo/1627602/650s/4c454e7d61c942aa2adb8ece927f82c4.jpg

ハンブルクミートソース
ホタテと壺茶のとろ火煮
ガーリックサラダ
ハムと春雨のサラダ
娘の嫌いなメニューがしばらく続いたので、今日は娘の好きなものを選びます。
つまり、赤ちゃんホタテが好きな娘です。
皿の中のホタテを数えてから食べるので、いつも多めに入れます。

日本一の生産量を誇る柿の産地

この地域の気候は比較的温暖で、日照時間が長く、昼夜の温度差が大きいので、甘い多色の高品質の柿が収穫されます。
本県令と元年の柿の生産量は43400トンで、全国トップです。そのうちの約8割は渋柿です。
主な品種は渋柿の「中谷早生」「刀根早生」「平核無」です。また、木に袋をかけてアルコールの渋取りを行う特別栽培の「紀の川柿」の果肉が黒くなり、糖度が上がり、とても甘いです。
甘柿は「豊か」を中心とした品種で、令和2年から和歌山県の栽培品種「紀州麻里」が初登場する。
9月上旬から発売されている渋柿の早熟種は、1月上旬までに出回る甘柿の豊かな柿で、長期的に楽しむことができます。
買った柿は、サクサクした食感が好きな人は早く食べてください。柔らかい柿が好きな人は2、3日後に食べてください。
美味しい柿の見分け方
いい果物の皮といい色があります。
また、しわが大きく、果実との間に隙間がないものを選んでください。
柿や柿の加工品は和歌山県政府のホームページをご覧ください。

f:id:kabulink:20201030205150j:plain

季節ですね

松茸に続いて、この间のお野菜セトに入ってきたサツマでございます。
サツマといえば!?まずは、サツマモごはん!
今回はもち米も入れられて中華おこわ風です。
すみません、食べてもいいです。もち米にしてもいいです。
なのです、お米となぜってちょっと軽いです。
お芋もゴゴも大好きにして、秋を大満足に食べます。
お元気ですか?それともに、いい日ですか?ありがとうございます♪

f:id:kabulink:20201030204957j:plain

 

久しぶりの春巻きディナー

昨日春巻きを作りました。
春巻きの夕食。
久しぶりに春巻きを作りました。
面倒くさいですが、家族の一番好きな料理です。
またやりたいです。
他にも:
マカロニサラダ
かぼちゃを煮る
もやしの味噌汁です。

f:id:kabulink:20201027124447j:plain



残りのカボチャを何かに作りたいですが、いいものがなくて、普通に煮ました。
残りの料理を熱いスープにしたいです。今晩煮に来ます。
買ったばかりの時計が壊れました。

慶應義塾大学教授の井上浩義先生も、胡桃×蜂蜜をオススメします。

慶應義塾大学の井上浩義教授もオススメです。
クルミには豊富なポリフェノールが含まれており、腸内環境を調整する作用があり、蜂蜜の抗菌作用を高めることができると報告されています。

f:id:kabulink:20201027123842j:plain



蜂蜜に含まれるヒドイオリゴ糖とグアイグルカン酸は腸内細菌の食物となり、腸内環境を改善する効果があります。㇐
クルミ×ハチミツは栄養効果を高めます。

f:id:kabulink:20201027123901j:plain